給湯器の交換を早めてしまう原因|Nリビングは静岡県富士市で給湯器の交換、販売、施工を行っています。

株式会社Nリビング
無料お見積りフォーム
space

FAQ

給湯器の交換を早めてしまう原因とは

先日給湯器が故障して修理してもらいました。
富士市に家を建ててまだそれほど経っていないため、今回はまだ保証が利いていたので無料で修理してもらうことができました。
実は、私の中では給湯器に寿命があるという概念がなくて、そう思い込んでいたのは実家の給湯器が一度も故障をしたことがなかったからだと思います。
しかし、今回修理をしてもらったときに業者さんから給湯器の寿命の目安を聞いて正直その短さに驚いてしまいました。
今回は機械の当たりが良くなかったということで、一瞬で修理も完了しましたが、給湯器の寿命を早めてしまう悪い使い方などがあれば教えてほしいです。
それと、給湯器を交換すべきサインみたいなものがあれば、それも併せて教えてください。

ANSWER

入浴剤の使用などが給湯器の寿命を縮める原因になります

給湯器を交換すべきサインから説明すると、お湯の温度が安定しなくなる、異音が発生する、お湯の出力が弱くなるなど、これまでと違った症状が出ると不具合が生じている可能性が高いです。
給湯器の寿命は一般的に8〜10年程度と言われていて、多くのメーカーは製造後10年経つと部品の供給が終了して修理ができなくなるため、寿命の目安を10年に設定しているのです。
給湯器はいろいろな部品から構成されているため、その一部が故障すると修理しなくてはいけません。部品がなくなれば修理ができなくなるという仕組みです。
給湯器の寿命を縮める原因となる使用法としては、入浴剤の使用が挙げられます。入浴剤を入れたまま追い炊きをしてしまうと、入浴剤が給湯器の配管を通ることになり、配管の劣化につながってしまいます。
入浴剤には硫黄や酸や塩分を含んでいるものも多いため、配管の金属部と反応してしまうのです。そのため、入浴剤を使用する場合は、給湯器の説明書や入浴剤の注意書きを良く確認することをおすすめします。
また、浴槽のお湯と水の出入り口である循環アダプターにゴミや汚れが溜まっていることも、給湯器の寿命を縮める原因となります。
フィルターにゴミなどが詰まった状態で追い炊きをすると、お湯と水の循環が悪くなり、給湯器に負担をかけることになります。そのため、フィルターはこまめに掃除しなければいけません。
他にも、給湯器を井戸水や温泉水などにつなげると、それらに含まれる成分によって給湯器に負担をかけて寿命を縮めやすくなってしまいます。

PageTop

株式会社Nリビング
無料お見積りフォーム

Copyright(C) 株式会社Nリビング All Right Reserved.